top of page
  • espoir53

「しまった・・・」はないのです。

お見合いの時に多いトラブルが遅刻です。大雪や台風などによる、交通機関の乱れによる遅刻は、まあ仕方ないですよね。でも、何にもないのに、遅刻をする人が結構いるんです。


初めてのお見合いに遅刻する人はあまりいませんよね。初めての時は、お洒落に気を配ったり、会話のシュミレーションをしたりして、ソワソワドキドキしてしまうものですよね。


でも、お見合いに慣れてくると、つい気持ちが緩むのでしょうか?遅刻をしたり、他の用事の合間に済まそうとしたり、身なりにも気を使わなくなってしまう方がおられるんですよ。男性にも、女性にも言えることなんです。


遅刻した人は「~~だから遅れました。」と、言い訳をするけれど、待っている方は初対面なんですから、既に相手に対する不信感でいっぱいなんですよ。言い訳なんて信じるでしょうか?そのお見合いは、半分ダメになっていると言っても過言ではないと思います。

そのお相手が、とても素敵で、理想のタイプだったら、もったいないですね。


そのお見合いは一回きりなんです。成功も失敗もあなた次第です。

「しまった・・・・油断した!」では遅いんです。

いつでも、一番良いとびっきりの自分で、用意周到に誠実に対処しましょう!!

最新記事

すべて表示

最近のペットブームは凄いですね。 我が家の近所の方々も、夕方になるとお散歩に繰り出し、出逢うとペット談議に花が咲くという感じです。 ペットは、飼い主よりも早く逝ってしまうもので、そのお別れはとても辛いですね。 ペットが亡くなることを、最近では「虹の橋を渡る」と言うのだそうです。 綺麗な虹の橋を渡って、天国へ行くという表現は、飼い主の喪失感や、悲しみを軽減する効果があるみたいですね。 「虹の橋を渡る

ご縁のある人って言うのは、どういう状況でも、必ず出会ってしまうものなんです。 当社の30代半ばの女性会員様のお話です。 彼女は高校生の時に、お付き合いをしていたわけではないのですが、木が合う仲の良い男の子がいたんですね。 卒業後、彼が地方の大学に進学したので、関係はそれっきりになってしまったんですね。 彼女は、違う男性とお付き合いをしたのだけれど、気持ちが合う男性はなかなかいなかったようです。 そ

コロナウイルス感染症の流行が始まって、もう3年以上になります。 その間、「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が何度も発令されて、 多くのカップルが結婚式の延期や中止を余儀なくされました。 当社のある1組のカップルも何度も延期したりしました。 男性側がある会社を経営されていて、将来の社長の結婚式ですから、仕事関係の人たちも披露宴にお呼びしたいわけなんですね。 「はたして招待して好いものなのか?

bottom of page