top of page
  • espoir53

うそみたい・・・?

6月の終わりから7月の初めにかけての1週間は猛烈な暑さでしたね。


毎日毎日、40度近い気温が続いて、本当に疲弊しました。


そんな時に意外な話を聞いたんです。


友人が、今は空き家になった実家の草刈りに行ったのですが、

「こっちは、超涼しいよーーー!、風が爽やかーーー。」とメールをしてきたのです。


実家の場所は「房総半島の勝浦」です。


なんと、勝浦では観測史上、一度も猛暑日(35度)を記録したことがないのだそうです。


全国的に猛暑が続いていた1週間も、勝浦では、だいたい26度前後で、朝晩は20度を下回り、肌寒いほどなのだそうです。


同じ千葉県の他の土地では、36度、37度と猛暑なのに、なぜ勝浦はそんなに涼しいのか・・・?


勝浦は平地が少ないので、コンクリートやアスファルトの照り返しが少なく、緑が多いので気温が上がりにくい事、海水温が21度~22度と低めで、涼しい海からの風が暑さを吹き飛ばすことなどが原因とか。隣の御宿も同じだそうですよ。


好いですね!! 夏は涼しく冬は暖かいなんて。


なんだか、移住者が増えそうですね。

最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page