• espoir53

そうなんだね?

いいました。先日、ある会の冊子を読んでいたら、アメリカの面白い小話が載っていました。


アメリカ人が認識している、他国の国民性みたいなものがわかって面白いです。


ある大型客船が事故にあい、沈没しかけていました。


船長は、一刻も早く、乗客に海に飛び込んで逃げてほしいわけです。


船長はアメリカ人には「海に飛び込めば、英雄になれます!」と言いました。


イギリス人には「飛び込めば、紳士です!」と言い、ドイツ人には「飛び込むのは規則です!!」と言いました。


イタリア人には「飛び込めば、多くの貴婦人にもてます!」と言い、

フランス人には「飛び込むな!」と言いました。


韓国人には「日本人はもう飛び込んだよ!」と言ったのですが、日本人にはなんと言ったのでしょうか?


それは、「もう、みんな飛び込みましたよ!」なんです。


結構、国民性が表れていて、面白いですね。


最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など