top of page
  • espoir53

そうなんですね・・・・・!

「縁は異なもの」って、よく言いますが、この仕事をしていると、まったくそうだなあと思う事が結構あります。


最近にもそういう出来事がありました。


当社会員のの50代半ばの女性の成婚が決まりそうなんですよ。


彼女は20代後半の時に離婚をして、それからずっと一人だったんですけれど、東北の震災の時に、一人っきりの寂しさを感じ、しばらくして婚活を始めたんです。


でも、やはり前回の結婚の思い出が、足を引っ張っていて、積極的になれなかったんですね。婚活は、休会したり、また始めたりで、成果がありませんでした。


彼女は女性には珍しく、趣味がなんとフィッシングで、海に結構行くらしいです。


そこで、仕事場のある同僚男性に出逢う事が多かったそうです。彼は、なんとなく暗い印象で、あまり話をしなかったそうです。


それが、何度も出逢っているうちに、話すようになり、だんだん打ち解けて、話が楽しくなり、会うのが楽しくなったそうなんです。


でも、職場では、彼はクールなんですよ。


そのギャップの理由が彼女にはよくわからず、恋愛への進展はなかったようです。


それが、ある日、釣りをしながら話していた時に、「私、バツイチなんだよね、」と言うと、彼が、「そうなんだ・・、やり直せてよかったね、前を向くために、決断したんでしょ?」と、言ったそうです。


その言葉に、一瞬で惚れてしまったそうで・・・、それからは素直に自分の気持ちを話すことができるようになったそうです。


彼の職場でのそっけなさも照れ屋さんだったから。


このまま順調にゴールインしてくれるといいなあと心から思います。




最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page