• espoir53

そうなんですね・・・・・!

「縁は異なもの」って、よく言いますが、この仕事をしていると、まったくそうだなあと思う事が結構あります。


最近にもそういう出来事がありました。


当社会員のの50代半ばの女性の成婚が決まりそうなんですよ。


彼女は20代後半の時に離婚をして、それからずっと一人だったんですけれど、東北の震災の時に、一人っきりの寂しさを感じ、しばらくして婚活を始めたんです。


でも、やはり前回の結婚の思い出が、足を引っ張っていて、積極的になれなかったんですね。婚活は、休会したり、また始めたりで、成果がありませんでした。


彼女は女性には珍しく、趣味がなんとフィッシングで、海に結構行くらしいです。


そこで、仕事場のある同僚男性に出逢う事が多かったそうです。彼は、なんとなく暗い印象で、あまり話をしなかったそうです。


それが、何度も出逢っているうちに、話すようになり、だんだん打ち解けて、話が楽しくなり、会うのが楽しくなったそうなんです。


でも、職場では、彼はクールなんですよ。


そのギャップの理由が彼女にはよくわからず、恋愛への進展はなかったようです。


それが、ある日、釣りをしながら話していた時に、「私、バツイチなんだよね、」と言うと、彼が、「そうなんだ・・、やり直せてよかったね、前を向くために、決断したんでしょ?」と、言ったそうです。


その言葉に、一瞬で惚れてしまったそうで・・・、それからは素直に自分の気持ちを話すことができるようになったそうです。


彼の職場でのそっけなさも照れ屋さんだったから。


このまま順調にゴールインしてくれるといいなあと心から思います。




最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など