• espoir53

どうして抵抗感があるの?

昨日の朝日新聞のbe面にちょっと面白い記事が載っていたので、ご紹介します。


「なぜ日本で、サングラスがそれほど普及しないのか?」と「なぜ欧米人はマスクに抵抗感があるのか?」という二つの疑問に対する研究結果です。


北海道大学の結城雅樹教授が日米の学生各100人前後を使って「他人の感情を知りたいとき、顔のどこに注目するか?」を顔文字とモンタージュ写真を使い、実験したんです。(2007年発表)


その結果、「日本人は相手の目の形を、アメリカ人は相手の口の形を重視するという結果が出たんだそうです。


目の動きは意図的に制御しにくく、口の動きは制御しやすい。


感情を表に出さないことを求められる日本人は、目だけに本心が表れやすい。


だから、日本人は相手の目だけを見るから、目が見えないサングラスに抵抗感がある。


逆にアメリカ人は口と目の両方に感情が正直にで出やすいため、動きが大きい口の動きを重視する。


だから、彼らは口を隠すマスクに抵抗感が強いんだそうです。


いかがですか?



最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など