• espoir53

なかなか言えません・・・?

当社のある男性会員様が、結婚してから早くも、3年たちました。


彼は新潟の出身で、東京で勤務していたのですが、将来は新潟に帰りたい思いがあり、新潟近辺出身の女性との結婚を望んで婚活をしていたんです。


念願がかなって、十日町出身の方と結婚したんです。


ところが、この女性は十日町で生まれたのですが、その後お父様の仕事の関係で埼玉県や神奈川県で暮らしていたんです。


大人になってから、事情があり、十日町で暮らしていたのですが、何より大変だったのが、冬になると毎日毎日、雪が降っているか、どんよりと曇っているかのどちらかなのです。


すっきり晴れる日はあまりないとか。


関東の冬晴れに慣れていた彼女は、そんな毎日に鬱々として、時々、大声で叫んじゃいたい気持ちになることがよくあったそうです。


だから、結婚して初めての東京での冬は快適だったそうです。


「毎日すっきり晴れて最高!」「富士山が奇麗に見えて最高!」


それをご主人にも言うんですね。


ご主人は当分東京暮らしですが、今は黙っていますが、いつか故郷に帰りたいと言い出せるんでしょうか?


今は幼い、お子さんが独立したら、彼女も気持ちが変わるかもしれませんね。


それを期待しましょう!


私は雪国の冬は大好きですけれどね。

最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など