top of page
  • espoir53

なかなか言えません・・・?

当社のある男性会員様が、結婚してから早くも、3年たちました。


彼は新潟の出身で、東京で勤務していたのですが、将来は新潟に帰りたい思いがあり、新潟近辺出身の女性との結婚を望んで婚活をしていたんです。


念願がかなって、十日町出身の方と結婚したんです。


ところが、この女性は十日町で生まれたのですが、その後お父様の仕事の関係で埼玉県や神奈川県で暮らしていたんです。


大人になってから、事情があり、十日町で暮らしていたのですが、何より大変だったのが、冬になると毎日毎日、雪が降っているか、どんよりと曇っているかのどちらかなのです。


すっきり晴れる日はあまりないとか。


関東の冬晴れに慣れていた彼女は、そんな毎日に鬱々として、時々、大声で叫んじゃいたい気持ちになることがよくあったそうです。


だから、結婚して初めての東京での冬は快適だったそうです。


「毎日すっきり晴れて最高!」「富士山が奇麗に見えて最高!」


それをご主人にも言うんですね。


ご主人は当分東京暮らしですが、今は黙っていますが、いつか故郷に帰りたいと言い出せるんでしょうか?


今は幼い、お子さんが独立したら、彼女も気持ちが変わるかもしれませんね。


それを期待しましょう!


私は雪国の冬は大好きですけれどね。

最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page