top of page
  • espoir53

みんなで楽しんだね!

コロナウイルス感染症の流行が始まって、もう3年以上になります。


その間、「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が何度も発令されて、


多くのカップルが結婚式の延期や中止を余儀なくされました。


当社のある1組のカップルも何度も延期したりしました。


男性側がある会社を経営されていて、将来の社長の結婚式ですから、仕事関係の人たちも披露宴にお呼びしたいわけなんですね。


「はたして招待して好いものなのか?」、「内心、嫌々ながら出席する方もいるんじゃないだろうか?」なんて、感じで、何回も延期、延期を繰り返していたわけです。


ところが、思いがけなく赤ちゃんが出来て、新婦がウェディングドレスを着られるうちにという事で、親、兄弟のみの挙式披露宴となりました。


レストランを借り切っての披露宴でしたが、ワイワイガヤガヤと、とてもアットホームにできたそうです。


招待客がいないので、気兼ねない宴会になったとかで、好かったそう。


何よりも新郎と新婦のご両親同士が、打ち解けて、とても仲良しになったそうです。


皆で楽しめる結婚式なんて、好かったですね。


最新記事

すべて表示

最近のペットブームは凄いですね。 我が家の近所の方々も、夕方になるとお散歩に繰り出し、出逢うとペット談議に花が咲くという感じです。 ペットは、飼い主よりも早く逝ってしまうもので、そのお別れはとても辛いですね。 ペットが亡くなることを、最近では「虹の橋を渡る」と言うのだそうです。 綺麗な虹の橋を渡って、天国へ行くという表現は、飼い主の喪失感や、悲しみを軽減する効果があるみたいですね。 「虹の橋を渡る

ご縁のある人って言うのは、どういう状況でも、必ず出会ってしまうものなんです。 当社の30代半ばの女性会員様のお話です。 彼女は高校生の時に、お付き合いをしていたわけではないのですが、木が合う仲の良い男の子がいたんですね。 卒業後、彼が地方の大学に進学したので、関係はそれっきりになってしまったんですね。 彼女は、違う男性とお付き合いをしたのだけれど、気持ちが合う男性はなかなかいなかったようです。 そ

何年か前に、成婚退会された女性会員様から嬉しい知らせがありました。 可愛い赤ちゃんが誕生されたようです。 女性にとって、初めての出産は大変な喜びであると共に、とても不安なんですね。 ですから、無事に生まれてきた我が子を見た時の、感動は計り知れないものがあります。 赤ちゃんは10ヶ月の間、ずっと胎内にいる時に、ママの声を聴いているんですよ。 寝ているんじゃないんです。会話を聞いているんです。 パパの

bottom of page