• espoir53

やっぱりね!

コロナ禍で、オンラインお見合いは増えているのですが、対面のお見合いは減っているんですね。


それでも、当社の男性会員がお申し込みした女性は、対面のお見合いをOKしてくれたんです。


彼はまだ、婚活を始めたばかりですので、ファッションもヘアスタイルもばっちり決めて、お見合いに出かけました。


ところが、なんとお見合い場所を間違えてしまったんですね。当社からの連絡を聞いて、大急ぎで、女性が待っている場所に駆け付けました。


案の定、お相手の女性は顔にはださないものの、気分はよくありませんよね。


話をしても乗ってこないし、険悪な雰囲気でした。


彼は、「もうこのお見合いはダメだな・・・どうすればいいのかな?」と、思った時、彼女が千葉県の松戸市の出身だと気付きました。


彼も子供の頃、松戸市に住んでいたんです。


子どもの頃の思い出話をしてみたそうです。昔の家の事、学校の事、お祭りの話、川遊び、・・・・、思いつくままに話してみたんです。


懐かしさもあり、彼は緊張が解けて、好い表情をしていたんでしょう。


彼女も「へえー、そうなんですかあ・・・、」と話に乗ってきて、松戸市のことで盛り上がったとか。


彼女も高校時代に東京に引っ越してきたので、彼の話が、懐かしかったんでしょうね。


なんと3時間近く話してしまったとか。


勿論、交際になりましたが、やはりご縁があるってことは、どんな事が起ころうと、ちゃんとまとまるものなんですね。


好かった!!



最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など