top of page
  • espoir53

やっぱりね!

コロナ禍で、オンラインお見合いは増えているのですが、対面のお見合いは減っているんですね。


それでも、当社の男性会員がお申し込みした女性は、対面のお見合いをOKしてくれたんです。


彼はまだ、婚活を始めたばかりですので、ファッションもヘアスタイルもばっちり決めて、お見合いに出かけました。


ところが、なんとお見合い場所を間違えてしまったんですね。当社からの連絡を聞いて、大急ぎで、女性が待っている場所に駆け付けました。


案の定、お相手の女性は顔にはださないものの、気分はよくありませんよね。


話をしても乗ってこないし、険悪な雰囲気でした。


彼は、「もうこのお見合いはダメだな・・・どうすればいいのかな?」と、思った時、彼女が千葉県の松戸市の出身だと気付きました。


彼も子供の頃、松戸市に住んでいたんです。


子どもの頃の思い出話をしてみたそうです。昔の家の事、学校の事、お祭りの話、川遊び、・・・・、思いつくままに話してみたんです。


懐かしさもあり、彼は緊張が解けて、好い表情をしていたんでしょう。


彼女も「へえー、そうなんですかあ・・・、」と話に乗ってきて、松戸市のことで盛り上がったとか。


彼女も高校時代に東京に引っ越してきたので、彼の話が、懐かしかったんでしょうね。


なんと3時間近く話してしまったとか。


勿論、交際になりましたが、やはりご縁があるってことは、どんな事が起ころうと、ちゃんとまとまるものなんですね。


好かった!!



最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

bottom of page