• espoir53

コロナ禍の婚活

朝日新聞の生活欄の「男のひととき」にコロナ禍の婚活体験記がでていました。


まさにコロナ禍での婚活の大変さがとても素直に書かれていて、この男性に好感を持ちました。


結婚相談所に入会したのが、去年の3月。


翌月に緊急事態宣言が出て、お見合いは「オンライン形式」になったけど、画面越しのお見合いは、なんとなくぎごちなく会話がとぎれとぎれになって、気まずかったそうです。


当社の会員様もそう言っていましたね。


その後、ようやく対面式のお見合いになったけど、「お断り」が続いたそうです。会話が盛り上がったのに、何故かお断りにはショックを受けたんでしょうね。


そして、去年の9月に素敵な方に出逢ったのです。


今度はデートが大変‼!  人混みをさけて短時間デート、でも、連絡はラインでしっかりと取ったんですね。


2月にプロポーズをして、7月末に婚姻届けを提出したのだそうです。


結婚式は来年春に予定しているそうですが、「コロナは収束しているかな?・・・」と心配ですね。


外出抑制で、好きなように出かけられないけれど、今は二人でいるだけで幸せですよね!!

最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など