top of page
  • espoir53

不安はあるけど、信じます!

更新日:2022年6月19日

婚活を始めて2年になる女性会員様のお話です。


フレンドリーな性格と可愛らしい容姿で、お見合いをすれば、必ず交際を申し込まれる彼女でしたが、なかなか成婚に繋がりませんでした。


ビビッとくる男性がいなかったとかで。


その彼女が、ついにビビッとくる男性に巡り逢ったんです!!


然し、彼はなんと「ゆり栽培農家」の跡取り息子さんでした。


彼女は、普通の公務員の家庭に育ったお嬢さんですから、農業の事は全く分からないわけです。

先行きの事が不安ですよね。しかも、彼のご両親とは同居じゃないけど、同じ敷地に住むわけです。

彼女のご両親は大反対です。娘を遠くにお嫁になりたくないんです。


「好きだけど、結婚は無理だなあ・・・・・」と言うあきらめの気持ちがいっぱいでした。


だけど、彼は必死です。何とか説得しようとするんです。


彼女もなかなか吹っ切れません


誘われて、彼の家に行ってしまいました。


いくつもの巨大なビニールハウスの中に咲く、様々な種類の膨大な量のユリの花・・・・・・


その光景と香りに目がクラクラするほど、感激したそうです。


そして、何よりも、彼のお母様が、「私はこの仕事は綺麗な仕事だし、夢があるから好きだけど、あんたはやらなくていいんだよ。嫁さんだからってやることはないんだよ。」って言ってくれたそうです。


思わず、「不安はあるけど、彼の事、信じます!!」と、言ってしまったとか。


元々、花が大好きな彼女の事ですから、一緒に花を育てるように、なるでしょう。


お幸せに!!







最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page