• espoir53

変わったね、すごく魅力的!!

半年ほど前に転職して、休会していた女性会員様が、久しぶりに遊びに来てくれました。


久しぶりに元気なお顔をみて、本当に嬉しかったです。


転職してからの、彼女の毎日の生活の変わりようを、たくさん話してくれました。


前の仕事は官公庁でのお仕事でした。キャリアだったんです。


毎日忙しくて、上司や同僚との軋轢もあり、ストレスフルな職場だったようです。


そういえば、彼女はあまり口数は多い方ではなかったですね。どちらかと言えば、寡黙。


彼女の今の仕事は介護職です。 介護士の資格を取ったんです。


介護の仕事を始めた頃は、毎日が、かつての彼女には想像も出来ないような出来事の連続で

息つく暇もないほど、忙しかったとか。


肉体労働ですから、家に帰って倒れるように眠る毎日。


無我夢中で働いているうちに、かつての心のモヤモヤが消えて行ったんだとか。


表情豊かに、笑いながら、弾丸のように話し続ける彼女を見ていると、「よかったね・・・・・」と、思わず言ってしまいました。


「給料は半分になっちゃったけど、やりがいはあるかな・・・・」と、言うのを聞いて

「もう少し落ち着いたら、また婚活をして、好い人に巡り会ってね!」といいました。





最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など