top of page
  • espoir53

変わらねば!!


「主人が身の回りの事が何もできないので、私は、友人たちと泊りがけの旅行なんてとても無理なんですよ。」と、嘆く熟年主婦のお話を聞いて、そういう時代もあったな・・・と思いました。


ひと昔まえ、夫は家庭の事、身の回りの事、何もかも専業主婦の奥さんに任せきりでした。


夫は仕事をするのみでよかったんです。


今は多くの女性が社会に進出し、経済的に自立するようになって、変わったのです。


夢見るロマンチックな結婚よりも、現実的な結婚生活を考えて、お相手を選ぶようになりました。


➀「低姿勢な男性」・・・腰が低い、ヘラヘラしてるんではなく、女性を差別しない男性。

②「低依存な男性」・・・自分の事は自分でやる男性。何でも妻に頼らない男性

③「低リスクな男性」・・仕事が安定している男性。リストラとかの危険がない男性。

④「低燃費な男性」・・・自分の趣味や娯楽に浪費しない男性、経済観念きっちりの男性。


つまり、女性に対して威張ったり、虚勢を張ったりせずに、自然に対応が出来て、家事や身の回りの事などを自分からやり、リストラされたり、自分で仕事をやめたりせず、自分勝手に無駄遣いをしない男性を求めているんです。


面倒ではないというか、面倒をかけない男性を求めているんですね。


これからますます、女性も社会で働き続ける時代になります。家庭生活に多くのエネルギーを使えない時代が来るのです。


一緒に生きていて、楽な男性を求めるのは、当たり前なような気がしますね。


男性も旧態依然のままでは取り残されて、しまいますね。




最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page