• espoir53

変わらねば!!


「主人が身の回りの事が何もできないので、私は、友人たちと泊りがけの旅行なんてとても無理なんですよ。」と、嘆く熟年主婦のお話を聞いて、そういう時代もあったな・・・と思いました。


ひと昔まえ、夫は家庭の事、身の回りの事、何もかも専業主婦の奥さんに任せきりでした。


夫は仕事をするのみでよかったんです。


今は多くの女性が社会に進出し、経済的に自立するようになって、変わったのです。


夢見るロマンチックな結婚よりも、現実的な結婚生活を考えて、お相手を選ぶようになりました。


➀「低姿勢な男性」・・・腰が低い、ヘラヘラしてるんではなく、女性を差別しない男性。

②「低依存な男性」・・・自分の事は自分でやる男性。何でも妻に頼らない男性

③「低リスクな男性」・・仕事が安定している男性。リストラとかの危険がない男性。

④「低燃費な男性」・・・自分の趣味や娯楽に浪費しない男性、経済観念きっちりの男性。


つまり、女性に対して威張ったり、虚勢を張ったりせずに、自然に対応が出来て、家事や身の回りの事などを自分からやり、リストラされたり、自分で仕事をやめたりせず、自分勝手に無駄遣いをしない男性を求めているんです。


面倒ではないというか、面倒をかけない男性を求めているんですね。


これからますます、女性も社会で働き続ける時代になります。家庭生活に多くのエネルギーを使えない時代が来るのです。


一緒に生きていて、楽な男性を求めるのは、当たり前なような気がしますね。


男性も旧態依然のままでは取り残されて、しまいますね。




最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など