• espoir53

外国人の表現する浮世絵

!!!東所沢に角川武蔵野ミュージアムがあります。隈研吾さんデザインの斬新な建物です。


そこで、「浮世絵劇場from Paris」が開催されています。


フランスで200万人を動員したという浮世絵とデジタルテクノロジーを融合し、

巨大映像空間で浮世絵のせかいに没入体験ができるんですね。


デジタルアーティスト、音楽家、プログラマーらで構成する「ダニーローズ・スタジオ」が製作したデジタルアート作品です。


映像は「風景」「桜」「海」「女性」「妖怪」・・・・等々(30分)で構成されています。


会場の360度壁一面と床にプロジェクションマッピングで浮世絵映像が流れ、とても幻想的です。


まるで浮世絵の世界に入ってしまったような、感じですね。


「富岳三十六慶神奈川沖浪裏」は、波が凄くて、のみこまれてしまいそうな躍動感があります。足をすくわれそうな感覚も。


「桜」では日本人の桜のイメージとはちょっと違い、ダイナミックな桜吹雪で、あっけにとられるほど、美しいです。


座ったままなら座ったまま、立ったままなら立ったまま、しばらく動けなくなるほど、ダイナミックで美しいです。


12幕で30分だけれど、何度も何度も見てしまう素晴らしさです。


私は3回見てしまいました。


外国人の表現する浮世絵の世界は、新たな感動を与えてくれました。


見に行ってよかった




最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など