• espoir53

大人になったんですね!

東京オリンピックがようやく開催されましたね。


コロナ禍の中での開催は、国民の間で賛否両論があるようです。


1964年に東京オリンピックが開催されたときは、日本は高度成長期の真っ只中でした。


敗戦後の復興した姿を世界の人に見てもらおうと、まさに日本が一丸となって開催したオリンピックでした。


それまで、テレビを持っていない家庭や、白黒テレビだった家庭が一斉にカラーテレビを買ったのもオリンピックを楽しむためでした。


五輪音頭が毎日テレビから流れ、子供たちは口ずさんだものでした。


私は、当時小学校6年生でしたが、学校の授業を一部変更して、テレビで競技を見たのを覚えています。


あの時のオリンピックは、本当に戦後の復興をアピールするための開催だったと思います。


それに比べてはいけないのですが、コロナ禍もあり、利害関係もあり、8月の猛暑の中の開催、エンブレム決定時やら、国立競技場のデザイン決定、その他の関係者の不祥事もあり、


ごたごたし過ぎでちょっと素直に喜べない感じです。


日本は国も国民も成熟したんですね。


あの頃は、未だ青年だったんでしょうね。 オリンピックだけじゃなく、夢がいっぱいありましたもの。

最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など