• espoir53

家族っていいね!!

コロナ禍のオリンピックでしたが、それでもアスリートたちの素晴らしい戦いに、国民は静かに熱狂しましたね。


そして、今はパラリンピックです。競技だけじゃなくて、アスリートたちの努力だけじゃなくて、障害の克服と言った精神的な努力と戦いに感動しました。


先日、パラトライアスロンで銀メダルを獲得した宇田秀生の笑顔に、思わず涙が溢れました。


彼の挑戦の原動力は「家族」なんです。


彼は結婚して5日後、仕事中に事故で右腕を失ってしまったんだそうです。


絶望の淵にいた時、奥様が「何とかなるよ!」と明るく励ましてくれたことが、生きる支えになったそうです。


未だ若いし、大事故なのに、しっかりして、落ち着いた奥様ですね。 泣いたり、取り乱したっておかしくないのに、本当に立派ですね。


パラリンピックを意識したのは、その病院での療養中の事だったそうです。


「パラリンピックは障害がないと出られないんだよ。」と言う、奥様の言葉もなんと前向きなのかと、素晴らしさを感じますよね。


リハビリ中に水泳を行ったことから、パラトライアスロンに繋がったそうです。


パラトライアスロンはスイム(0,7K)、バイク(20K)、ラン(5K)です。


二人のお子さんがパパ、かっこいいと言ってくれるから頑張れるんだとか。


家族っていいもんですね!!







最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など