top of page
  • espoir53

待っていたんですね!

今まで、「やっぱり、縁はある!」と感じることが何度もありましたが、今回も「やっぱり、あるよ!」と強く思いました。


当社の男性会員様の事です。


30代後半の男性で、人柄もルックスも良いので、結構お見合いの件数が多いのですが、交際に至らないんです。


何故かというと、彼は物凄くシャイで、特に若い女性との会話が不器用なんです。女性と言っても、年配の女性ならだいじょうぶなんですけれどね。


何とかお見合いを成功させようと、会話術、交際術、態度、服装等々、アドバイスするのですが、上手くいかないんですね。


ところが、ある日曜日に彼が、ひょっこりと現れました。


いつもは、決まって土曜日に事務所に来るのに。


丁度、新入女性会員が来ていたんですね。とても陽気な女性で、彼を見て「あら、素敵!」と小声で言ったんです。


「じゃあ、話してみたら?」と、急遽、お見合いになりました。


案の定、彼はしどろもどろで、こちらがハラハラしてしまうほど。


心の準備もありませんでしたから、仕方がないですけれど。


ところが、彼女はそういう彼が気に入ったみたいです。


「なんか、凄く緊張していたみたいで、私も緊張しちゃった。あまり話せなかったけれど、私はおしゃべりな人より無口の方が好きなんです。」


「もう、亡くなっちゃったけれど、私の父もそうだったんです。無口だけれど、優しかった。彼は、父と似ている。」と。


その後、交際に入り、彼は頑張ったんですね。 成婚となりました。


明るくて、彼をリードするようなお嫁さんに出会えてよかったですね!!



最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page