• espoir53

愉快な話は?

誰かとお近づきになりたいとき、もっと打ち解けた間柄になりたい時、その場の雰囲気を盛り上げたいとき、どんな話が効果的か、ご存じですか?


実は失敗談なんです。


自分の失敗を人に話すなんて、とてもできないと思う人は多いかもしれません。


でも、持てる男性や好かれる女性は、必ずと言っていいほど、愉快な失敗談をたくさん持っているんです。


深刻な失敗ではありませんよ、天然ボケのような、ほのぼのとした笑える失敗談です。


自分の子供時代や学生時代の事、最近の事でもよいのですが、笑いながら失敗談をしている人には、隙のようなものが生まれ、相手からは親しみやすさを感じてもらえるのです。


共感を呼ぶこともありますね。


自分の失敗談をする人は、相手に対して自分の精いっぱいの好感を伝えようとしていると受け取っていいと思います。


その反対が自慢話です。自慢話ほど人との心の距離を広げるものはありません。


誰もが人の自慢話は嫌いなのです。


面白いのは自分の自慢話をしたがる人でも、人の自慢話は絶対に聞きたくないんです。

最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など