• espoir53

捨てましょう!!

先日の朝日新聞の「be」で「生まれ変わっても、今と同じ性が良い?」と言うアンケートがありました。

「はい」と答えた人は、なんと75%、「いいえ」は25%でした。


「ジェンダーフリー」とか「ジェンダーレス」と言う言葉や考え方が、社会に定着してきましたね。


でも、男女格差指数の点からみると、世界146か国中、116位と言う日本です。


男性の方が断然生きやすい国ですから、「次は男性に生まれたい」と望む女性が多いと思ったのですが、

意外に「生まれ変わっても女性が好い」と、考える人が多いんですね。びっくりです。


「今の日本で性別による差別はある?」との質問に95%の人が「ある」と答えています。

就職や昇進、政治やビジネスの世界では、圧倒的に男性が有利です。


受験でも、医学部受験は女性の方が不利だと言われる事件がありましたね。


一方で性差別は「ない」と答える人もいるんですね。「昔に比べれば、ないに等しい」、「あまり感じない」、「性差別を申し立てるのはわがまま」と言う昔ながらの考え方の人もまだまだいるようですね。


結婚に関していえば、働き続けたい女性にとっては、特に昔は不利でした。今でも、仕事を終えてからの家事、育児は、物凄く大変です。


ですから、今の女性は、「家事、育児は女の仕事!」と考える男性を受け入れません。


魅力的で、経済力があり、自立した女性をゲットしたい男性は、まずその考えを捨てましょう!!



最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など