top of page
  • espoir53

時間をかけなくても・・・・

スピード婚が増えているそうですが、交際期間がどれくらいの結婚を指すと思いますか?


交際期間が長くても半年くらいまでと言うのが、スピード婚の概念でしょうか?


中には、何年もずっとお友達でいて、何かのきっかけでお互いに意識し始めて、結婚するのもスピード婚に入るそうです。


スピード婚には、「恋愛の勢いで結婚」、「理想の人だから結婚」、「授かったから結婚」・・・など色々ありますね。


「恋愛の勢いで結婚」は出逢って、ビビビッときて、あまりよく知らないうちに勢いで結婚してしまうので、当然、離婚率も高いです。


然し、かつては、バツイチといわれて、人生の失敗みたいなイメージの離婚も、最近では「前に進むための選択肢の一つ」として考える人が増えてきて、離婚してもやり直しがきくという意識が一般化しているのです。

だから「恋愛の勢いで結婚」をためらう人が少なくなってきているのかもしれませんね。


「理想の人だから結婚」は自分の結婚相手に理想を持っていて、例えば、経済的・家庭環境的、容姿的、学歴的に自分の理想の範疇に入っている人に出会ったから、即結婚と言うパターンです。


これは、じっくりと計画して、出逢ったらすぐに狙い撃ちと言う感じなので、離婚率は低いのではないでしょうか?


「授かったから婚」は、かすがいが出来たから結婚という形ですね。親になるという覚悟があるので、上手くいく確率は高いような気がします。


スピード婚のカップルは意外に、年齢が比較的高いそうです。やっぱり焦りもあるのかもしれませんが、結構豊富な人生経験があるので、相手を見定める目も養われていて、自信があるのかもしれませんね。

最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page