• espoir53

狭い世界にいたんだなあ!

先日、成婚退会されて丸3年の男性が、事務所に遊びに来てくれました。50代半ばのカップルです。結婚してからのその後を語ってくれました。


結婚して一番驚いたのは奥様に、未知の世界にぐいぐい引き込まれて、学んだことの多さです。

年1回の社員旅行以外の旅行経験のない彼が、いきなりタヒチに新婚旅行です。旅慣れた奥様に引きずられるように、嫌々行ったタヒチの美しい海にすっかり魅入られたそうです。

初めての異文化体験、非日常の快適さ、旅の醍醐味にすっかりはまってしまったとか。

それ以後は短い休みは国内旅行、長い休みは海外旅行に出かけるようになったそうです。

一番最近はキューバへ行ったとか。


その他に、美術館や博物館巡りや冬のスキー、そして究極は二人キャンプ・・・。

彼にとっては初めての経験ばっかりなんだそうで、驚きの連続だそうです。


「彼女と結婚して、知らなかったことをたくさん学んだし、楽しい驚きの経験をたくさんしましたよ。ほんと、驚きの連続で、毎日が楽しいんです。彼女は僕の世界を大きく広げてくれたんです。好奇心いっぱいの人だから、知識が半端なく豊富なんですよ。ほんと、彼女には感謝しています。僕の世界は狭すぎましたからね・・・」と、照れながら話す彼は、素敵でしたよ。



最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など