• espoir53

痛さを味わいました!

当社のある女性会員がお見合いをして、交際に入ってから、2ケ月半が過ぎました。

元々チャーミングな方ですが、恋をしているせいでしょうか、笑顔が輝いているんです。

交際中のお相手の事を聞くと、ちょっと頬を赤らめながら、嬉しそうに話すんですね。

その様子は、同性の私から見ても、嬉しくなるほど可愛いんです。


「彼の住んでる街に連れて行ってもらったんです、歴史のある街で、とっても素敵なんです。」、「彼は一人暮らしだから、適当に食べているみたい、結婚したら、体にいいものを作ってあげたいです。野菜料理とか、いっぱい・・・」、「私の休みに合わせて、勤務の後にデートしてくれるのは嬉しいけど、疲れないないか心配・・・」


彼が好きだから、彼の住んでる街が好き、美味しいものを作ってあげたい、疲れを取ってあげたい・・・・、恋をするってホントに素敵ですね。胸がキュンとするんですよ。


今、恋をしていない方に言いたい事があるんですよ。

他力本願じゃダメですって事。

待ってちゃダメです。

素敵な人に出会うのも努力だし、愛されるのも努力なんですよ。

何処にいるのかわからない運命の人は、自分で見つけなきゃ!!


恋する気持ち、相手を思うだけで胸が痛いほど、キュンとする感じを是非、味わってください。

最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など