top of page
  • espoir53

知っていますか?

婚活している男性と女性のお話を聞いていると、お相手に求める条件がかなり違っていることが多いです。

男性は、年下、できればかなり年下の方を求めるのに対して、女性はあまり年齢差がない方を求める傾向があります。一般的に女性はいわゆる友達夫婦が理想なんです。


「俺についてこい!」タイプはだめで、「ああしよう、こうしよう」と話し合いながら家事もも育児も分担してくれる男性が理想なんです。


現代の社会では、暮らしというか生活のレベルが上がり、生活費も教育費も昔よりはるかにかかるようになりました。

共働きが求められるんですね。女性も結婚後も働くことを希望する人が増えています。


婚活している男性は、だからこそ「家事も育児も率先してやります!!」ってアピールが必要なんですよ。


実際、朝、ビジネススーツを着て、抱っこひもで赤ちゃんを抱っこして歩いている男性を見ると、「パパが保育園に送っていくんだ! 格好いい!、好いね!」と女性は羨望の眼差しを向けます。


男性の皆さん、知っていますか?

最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page