• espoir53

背中を押しました!

先日、目出度く成婚されたカップルがお見えになりました。いつもながら、幸せは人を美しく、かっこよくするものなんだなと思いましたね。


会員だったのは男性の方で、成婚に至るまで時間がかかりましたね。


彼は再婚だったんです。離婚のトラウマでしょうか?


長く交際をしていても、なかなか結婚に踏み切れなかったんです。


行動力があり、人をぐいぐい引っ張っていくような方なのですが、結婚には後ろ向き?なのでした。


彼は、最初の結婚の話を一度だけしてくれました。「若かったし、仕事や付き合いに没頭して、奥さんの気持ちをよく理解してあげられなかったんですよ。僕もバカでしたよ。」と。


離婚経験のある男性が、再婚に慎重になるのはとても自然な事です。でも、一度結婚をして

いるのですから、学んでいることも多いんですよ。


なかなか結婚しようと言わない彼の背中を押したのが、今の奥様です。


彼に言ったんですよ。「あなたは、私の気持ちをわかろうとしてくれるし、さりげなく気を使ってくれるでしょう?私が辛い時、そばにいて優しくしてくれたし、私は素晴らしい旦那様を見つけたと思っているのよ。」と。


彼もそれで再婚を決心したのですが、やっぱりたくさん学んでいるんですよ。


バツイチの男性は嫌だと避ける女性が多いですけれど、失敗から学んだ人は、同じ過ちは犯さないものです。

最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など