top of page
  • espoir53

自分を信じましょうよ!

若い女性が集まると、旅行の話、食べ物の話、そして恋愛の話、いわゆる「恋バナ」の花が咲きますよね。


芸能人の恋愛話やら職場の異性、合コンで出逢った異性の話に盛り上がります。


各人の恋愛話も勿論、それぞれ披露されたりしますが、気を付けなければならないのが、話を聞いた友人たちが「それって、おかしくない?」とか「私だったらそんな人嫌だわ・」とか、人の恋愛の批判をしだすことです。


心配するふりをして、人の恋人を批判することは結構あります。


「その人、本当に大丈夫?あなたが幸せならいいのよ。でもちょっと気になるところがあるわよね。」なんて、ケチをつけて足を引っ張ろうとすることもあるんです。


しかも、他の人も「そうよ、そうよ」と、単純に同調したりして無責任なんですね。


人って、みんなから「変だよ、ダメだよ・・・」とか言われると、「そうかな?」と思い始め、素敵に見えていた彼氏が急に色あせてきてしまう事があるんです。


自分が好きな人なら、人がなんと言おうと、自分の感性を信じて恋愛しましょう。自分の本当の気持ちは自分にしか分からないものです。


本当に自分に合わない彼なら、いいろいろあっても、結局は自分の心がNOをいうはずです。

最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Commenti


bottom of page