• espoir53

自分を信じましょうよ!

若い女性が集まると、旅行の話、食べ物の話、そして恋愛の話、いわゆる「恋バナ」の花が咲きますよね。


芸能人の恋愛話やら職場の異性、合コンで出逢った異性の話に盛り上がります。


各人の恋愛話も勿論、それぞれ披露されたりしますが、気を付けなければならないのが、話を聞いた友人たちが「それって、おかしくない?」とか「私だったらそんな人嫌だわ・」とか、人の恋愛の批判をしだすことです。


心配するふりをして、人の恋人を批判することは結構あります。


「その人、本当に大丈夫?あなたが幸せならいいのよ。でもちょっと気になるところがあるわよね。」なんて、ケチをつけて足を引っ張ろうとすることもあるんです。


しかも、他の人も「そうよ、そうよ」と、単純に同調したりして無責任なんですね。


人って、みんなから「変だよ、ダメだよ・・・」とか言われると、「そうかな?」と思い始め、素敵に見えていた彼氏が急に色あせてきてしまう事があるんです。


自分が好きな人なら、人がなんと言おうと、自分の感性を信じて恋愛しましょう。自分の本当の気持ちは自分にしか分からないものです。


本当に自分に合わない彼なら、いいろいろあっても、結局は自分の心がNOをいうはずです。

最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など