top of page
  • espoir53

虹の橋を渡る

最近のペットブームは凄いですね。


我が家の近所の方々も、夕方になるとお散歩に繰り出し、出逢うとペット談議に花が咲くという感じです。


ペットは、飼い主よりも早く逝ってしまうもので、そのお別れはとても辛いですね。


ペットが亡くなることを、最近では「虹の橋を渡る」と言うのだそうです。


綺麗な虹の橋を渡って、天国へ行くという表現は、飼い主の喪失感や、悲しみを軽減する効果があるみたいですね。


「虹の橋を渡る」と言う表現はアメリカの「虹の橋(Rainbow Bridge)と言う散文詩から来ているようです。作者は不詳だそうです。


そこから、派生して「飼い主に先立って死んだ愛犬や愛猫の魂は。虹の橋を渡って天国に上る」と言われるようになったそうです。


でも、その元の、散文詩の中では、「ペットの魂は虹の橋を渡らずに、飼い主を待っており、飼い主が亡くなった後、再会を果たし、連れだって虹の橋を渡り、天国に向かう。」という内容になっています。


元々の内容だと、ペットが飼い主の行くのを、待っているわけで、ちょっと切ないですね。だから、自然と違う解釈になったんだと思います。


確かに、その方がいいかも!!









最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page