top of page
  • espoir53

かたわれ

芥川賞作家の小池真理子さんが、朝日新聞土曜日の「be」に連載していた「月夜の森の梟」が今週の土曜日で終わってしまいました。


亡くなったご主人の藤田宜永さんとの結婚生活を描いたエッセーで、ご主人が病気になられて、亡くなるまでのお話が中心なのですが、


縁あって結婚した人と、こんな風に一緒に生きていけたら、幸せだなと思うほど、愛情を感じるエッセーです。


若い方には特に読んでいただきたい作品です。


最後のテーマは「かたわれ」でした。いい言葉ですね。


今はあまり使わなくなった言葉ですが、昔の人は良く使いました。


夫婦がお互いを表現する言葉です。 英語で言うと「ベターハーフ」ですね。


二つが合わさって一つになり、落ち着くから、お互いにかたわれなんです。片方がかけてしまったら、落ち着かないんですね。


恋しくて、いとおしくてたまらないんです。このエッセーを読むとその気持ちが、とてもよくわかります。



最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page