• espoir53

ぞっこん

1年ほど前に結婚されたカップルが、事務所に突然来てくれました。


すっかり落ち着いて、もう何十年も連れ添ってきました感があって、ちょっとウルウルしてしまいました。


このカップルは男性が40代後半、女性が40代前半でご結婚されたんです。


男性が入会されたときに、「この方は成婚が速いなあ!」と感じました。


何故かって言うと、その笑顔なんです。にっこりマークを思い出すような笑顔。


話していると、いつの間にか私も笑顔になってしまうんです。


ただ、彼はお父様の介護があり、勿論お父様と同居なんです。結婚後も同居なので、結婚にはネックかもしれないと感じていました。


初めてのお見合いの前に、「僕みたいなおじさんとお見合いしてくれるなんて、好い人だなあ・・・。断られちゃいますよね、きっと・・・」とニコニコしながらおっしゃっていました。


ところが、お相手の女性は彼の優しい笑顔にぞっこん惚れこんでしまったようで、「婚活が長かったけど、私はこの人を待っていたんだわ!」と、感じたそうです。


すぐに交際がはじまり、ほどなくご結婚されました。


結婚生活はお父様の介護もあり、彼女にとっては、慣れるまで大変だったようですが、彼の優しさもあり、彼にぞっこん惚れこんでいたこともあり、難なく乗り越えられたようです。


最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など