top of page
  • espoir53

死語?

結婚を考えている女性に、理想の男性像を聞くと、以前とずいぶん変わってきていると思います。

仕事を持ち、結婚後も続けたい女性が増えたからでしょう。

現代の女性は、やはり自分が生きて行くのに、楽な生きやすい男性を選んでいますね。

どんな男性かと言うと、まず金銭感覚が自分と共通な男性です。

将来を見据えてきっちりと貯蓄はするけれど、自分たちの楽しみやレジャーにはそれなりに散財する人。

ただのケチじゃダメなんです。記念日には妻に贈り物や花とかをケチってはダメなんですね。

次に、家事や育児を自然にできる男性。妻のお手伝いじゃダメなんです。自分の役割として

率先してできる男性じゃないとだめなんです。

そして3番目は仕事観、人生観を共有できる男性。妻の仕事を理解し、尊重する男性です。

自分の権利や考えを押し付けたりして、妻の仕事を軽く見たり、邪魔をしてはダメなんです。

昔は、夫が働いて、妻は夫に頼って生きていましたね。だから、妻は夫に服従しなくてはならなかったけど、今は男女平等じゃなくちゃだめなんです。

亭主関白なんて言葉がありましたけれど、今は死語になりましたね。

最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

留言


bottom of page