• espoir53

ベターハーフ

すすめました。

ベターハーフとはもともと天国で一つだった魂がこの世に生れ落ちる時に男性と女性に分けられて、別々に生まれてくるので、現世でその相手と言うか、もう片方の自分に出逢うと、

ぴたりと相性が合うと言われています。その相方の事をベターハーフと呼ぶのだそうです。


先日、そんな事を彷彿させられたカップルがいました。


女性は、結構若い時からご両親の介護をずっとされてきて、結婚を考える暇もなかったという方でした。ご両親を看取り、気づいたら、50歳を超えていたんですね。


一人になってふと寂しくなって、婚活を始めたとか。


初めてのお見合いの日、現れた男性に「なんて爽やかなの!!」と惹かれてしまったんです。


お互いに気が合って、交際に入ったんですけれど、とにかく気が合うんです。考えていることが一致してしまうんです。


彼も、同じ思いだったようで、二ケ月後にはもうプロポーズされたのですが、ここで彼女の心にブレーキがかかってしまったんですね。


あまりに突然の幸せすぎる状況に不安になってしまったんですね。

「こんな展開があってもいいんだろうか???」って。


迷った挙句、お断りをしてしまいました。


好きだったんだから、後悔しないはずがありません。毎日毎日、思う事は彼の事ばっかりです。


私は、思い切って彼ともう一度会う事をすすめました。あまり良い返事ではなかった彼ですが、会ってくれることになりました。


逢えば、お互いに気持ちがぴったりなんですから、最初はぎごちなくても、すぐにすんなりと元のさやに戻りますよね。


今度はプロポーズはなくて、いきなり結婚です。


好かった、好かった!!

























最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など