top of page
  • espoir53

出会いの場所で!

更新日:2021年10月17日

昨日の新聞に「国際線旅客機を背景に結婚記念写真サービスを成田空港で開始」と言う記事がありました。


コロナ禍で航空業界の低迷を盛り上げようと、成田空港会社や周辺のホテルが始めたサービスです。


早速、コロナ禍でなかなか挙式できないカップルが、ジャンボジェット機をバックに記念写真を撮ったそうです。旅客機や空港に何か思い入れがあるカップルなのでしょう。


空港内の電光掲示板の前でも撮影が行われ、利用者の低迷が続いて、閑散とした空港が華やかな雰囲気に包まれていたそうです。


日本ではあまり行われませんが、アメリカなどでは、出会いの場所や思い出の場所での結婚式を挙げることは、当たり前のようです。勿論、許可が必要なんですけれど。


出逢った駅や図書館や公園、学校等々の一角に牧師さんを呼んで、挙式をするとか・・・ですね。


勿論、披露パーティーは別の場所ですよ。


NYのグランドセントラル駅で挙式のシーンを何かの映画で見たことがありますが、好いですね。


日本だと、挙式は結婚式場とか神社に限られてしまうし、神主様や牧師様が出張しませんから、無理でしょうけれど。


コロナ禍が収束したら、挙式ラッシュになるかもしれませんし、結婚式場が足りなくなってまた、待たされるカップルが出るかもしれません。


好きなところで挙式出来たらいいですね。







最新記事

すべて表示

がんばってますね!

成婚退会された当社の女性会員様が、本当に久しぶりに、訪ねてきてくれました。 結婚後、本当にいろいろあって、当初に思い描いていた結婚生活とはまるで違ったのだとか。 苦労もいっぱいあったようだけど、今は落ち着いて幸せそうでした。 彼女は、女子高の教師をなさっていた女性です。お見合いで、フレンチのシェフをされていた男性と知り合い、1年交際をして結婚されました。 結婚後も教師を続けていたのですが、ご主人の

春の訪れ

最近、散歩したりしていると、とても甘い好い香りがするときがあります。 蝋梅(ろうばい)の花ですね。 小さい黄色い花で、形が梅の花に似ているので、蝋梅と言われているけど、梅とは全く違う種類の花なんです。 梅よりも早く咲くので、この花の甘い香りがしてくると、「春が来たんだなあ・・・」って気がします。 春の訪れは、花粉症の人にとっては、複雑な思いがあるでしょうが(私も花粉症です)、なんだか、生き物が復活

女性の力!

世界に比べると、日本はまだまだ、女性の地位が低く、女性の力を認めていない国だと言われていますが、それでも、女性のなかでは、職業を持って世界に貢献していきたいと考える人が多くなってきたと思います。 先日、テレビを見ていたら、崇城大学が主催する「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」と言うのをやっていました。 モノづくりと耐震性への関心を高めようという事を目的としています。 つまようじと木工用ボン

Comments


bottom of page