• espoir53

出会いの場所で!

更新日:2021年10月17日

昨日の新聞に「国際線旅客機を背景に結婚記念写真サービスを成田空港で開始」と言う記事がありました。


コロナ禍で航空業界の低迷を盛り上げようと、成田空港会社や周辺のホテルが始めたサービスです。


早速、コロナ禍でなかなか挙式できないカップルが、ジャンボジェット機をバックに記念写真を撮ったそうです。旅客機や空港に何か思い入れがあるカップルなのでしょう。


空港内の電光掲示板の前でも撮影が行われ、利用者の低迷が続いて、閑散とした空港が華やかな雰囲気に包まれていたそうです。


日本ではあまり行われませんが、アメリカなどでは、出会いの場所や思い出の場所での結婚式を挙げることは、当たり前のようです。勿論、許可が必要なんですけれど。


出逢った駅や図書館や公園、学校等々の一角に牧師さんを呼んで、挙式をするとか・・・ですね。


勿論、披露パーティーは別の場所ですよ。


NYのグランドセントラル駅で挙式のシーンを何かの映画で見たことがありますが、好いですね。


日本だと、挙式は結婚式場とか神社に限られてしまうし、神主様や牧師様が出張しませんから、無理でしょうけれど。


コロナ禍が収束したら、挙式ラッシュになるかもしれませんし、結婚式場が足りなくなってまた、待たされるカップルが出るかもしれません。


好きなところで挙式出来たらいいですね。







最新記事

すべて表示

最近、ペットを飼っている人が多いですね。 ねこ派、いぬ派といろいろいるようですが、ペットの話はとても楽しいようです。 みんな、笑顔ですよね。 その中で聞いた話ですが、犬や猫は、飼い主が自分にあまり構わなくなったり、 自分に嫌な事をすると怒るんだそうです。 それで、腹いせに、飼い主が怒るような悪さを、わざとやるんだそうです。 トイレ以外の場所でウンチをするとか、大事な絨毯の上でおしっこしちゃうとか・

朝日新聞の「be」のアンケートで「あなたは誰かと過ごす時間とひとりで過ごす時間」のどちらが好き?と言う質問に29%の人が「誰かと一緒にいたい」を選びました。 勿論、恋愛中、新婚、新米パパママカップルは、「いつも一緒にいたい」は当たり前ですよね。 でも、退職してから、奥様と一緒に過ごす時間が一気に増えて、奥様の良さがわかり、一緒にいるのが楽しいという方もいるんですよ。 結婚相談所には、かなり年配の方

朝日新聞の「be」のアンケートで「過ごし方は誰かと一緒派?、それともお一人派?」の質問に71%が「おひとり派」を選んだそうです。 「おひとり派」の意見が多いのは、「気を遣わずに自由に振舞える気楽さ」と言うのが圧倒的な理由なんでしょうけれど、最近の「ぼっちブーム」も影響しているのでは? タレントで有名になった「ぼっちキャンプ」、一人自由に気兼ねなく、好きのものを食べる「孤独のグルメ」、「飲み鉄」など